株とは何か

株というのは、企業が事業資金を得るために、発行しているものです。企業は業務の内容を拡大したり、施設を大きくしたりというような際に、一般の人が動かすよりも大きなお金を動かすこととなり、その投資にあたっては企業として持っている貯蓄だけでは賄いきれません。そこで、共同出資者を募集するために、株を売り、株を買ってくれた人を会社のオーナーの一人とするのが株の仕組みです。企業のオーナーとして、一定の数の株を購入すれば株主総会に参加することもできます。

株を一定の期間持っていれば、株主から配当を得ることができます。これが株主優待です。その企業の商品や商品券が受け取れたり利息が受け取れたりします。また、株を第三者に転売をすることもできます。この株を転売することで利益を得ることもできます。このように、株を用いて利益を得る方法には2つの方法があるのです。もちろん、投資をした会社が経営難に陥ったり倒産してしまえば配当がもらえるどころか購入した株券はただの紙切れとなってしまうこともあります。転売しても赤字になることもあるのです。そこで、株を行うときには今後発展が見込めそうな会社を選んで行うことが重要ですし、自分の資産を預けたいと思える企業との出会いが重要なのです。